精密板金業で多品種小ロットの一貫製造を得意としている、私たちの製造工程を紹介します。アリギスは全員が営業として考えておりますので、製造についてご不明点などありましたらどのスタッフにでもお聞きください。また、一貫製造を得意としてはおりますが、一部分のみでも対応出来ますので、どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お客様から頂いたデータを社内用にプログラミングし、NCTへの受け渡しを行います。近年では3DCADでの三次元設計への対応も進めており、より完成度の高い設計に挑戦し続けております。資材管理や納期管理もここで行っており、全体の工程が一通り把握出来るよう管理体制を整えており、 生産管理においては再注文や増産などにもスピーディーに対応出来るよう、お客様ごとの注文データ管理もここで行っております。

from STAFF by 生産管理部 富山浩一

管理部は全行程の初期工程。ここでの段取りがこの後の流れをすべて決めるので、現場が工程を進めやすいような設計を心がけています。

NCT/レーザー加工(切り加工)

NCT加工はタレパン加工(タレットパンチプレス加工の略)とも呼ばれ、主に鋼板やステンレス板などの板金素材をプレス機によって打ち抜きながら成形します。一般的な板金加工においては最もよく利用される方法で、弊社もこの方法を取り入れております。また、弊社はレーザー加工機も準備しておりますので、金型を使用せず自由度の高い加工も可能となっております。また弊社はタレパンとレーザーの複合機も所有しておりますので、より早く、自由度の高い加工にもお応え出来るよう準備しております。

from STAFF by 製造部 高野祐治

まずは不良を出さない事を第一に考え、図面に忠実な加工を心がけています。また、安全を第一に考え、チームメンバーと気を配りあい、事故の無いよう安全を確保しつつ業務を遂行しております。

曲げ加工

切り加工を経た次の工程として「曲げ」があります。曲げ加工は工程全体を通して最も技術的な部分で、作業者の技術力やノウハウが生かされる工程です。アリギスでは現場のデジタル化が進み、加工時のデータや注意点などをリアルタイムに同期しているため、高精度の加工に素早く対応可能です。また、曲げ加工については「標準的な曲げ(V曲げ)」「ヘミング曲げ」「段曲げ(Z曲げ)」「R曲げ」のほか様々な加工に対応しております。

from STAFF by 製造部 吉澤享

当社には資格取得応援制度があり、資格取得について全面的なバックアップを受けられます。技術的な加工の多い曲げ加工には資格取得の必要性が高く、支援制度があることもありメンバー同士が競って技術の向上を目指しております。このような環境があるからこそチーム全体の総合力が向上し、難易度の高い加工にもスピーディーに対応出来るチームが育っています。

溶接

TIG溶接や半自動溶接をはじめスポット溶接、ファイバーレーザー溶接など多種多様な溶接加工を実現しております。常にお客様のご依頼に最適な溶接に対応出来るよう体制を整えており、ステンレス、アルミなどの非鉄金属にも対応しています。専門的な溶接技能資格をもった溶接技術者が手掛けることで、高精度・高品質の製品を仕上げる事が可能です。

from STAFF by 製造部 武井将史

溶接分野では従来の方式だけでは無く、多種多様な技術を必要とする場面が増えてきております。取り扱う素材やお客様から求められる仕上がりの条件により、幅広い知識と適切な判断を求められます。また、素材に関する知識においては個々の経験に頼る事がほとんどです。アリギスでは、常にコミュニケーションを取り最善の選択が出来るような体制を整えています。

塗装

溶剤塗装(常温・焼付)と粉体塗装の2種類を扱っており、お客様のご要望に合わせた方法を選択します。特に粉体塗装は1回の塗装で 40〜100ミクロンの塗膜をつくることができ、これは溶剤の4.5倍の塗装膜で、塗膜自体に強度があり、傷に関して非常に強く耐久性にもすぐれております。板金と塗装を一手に手がけるアリギスでは、塗装の仕上がりまでを考え板金加工に取り組むため、精度の高い塗装を可能にしており、また、特急対応や細かなご要望にもお応えする事ができます。

from STAFF by 品質管理部 高井友行

溶剤・粉体と2種類あるなかで、私は粉体塗装を担当しています。粉体塗装の工程では前処理を何よりも重要と考えており、大切にしております。加工面についたヨゴレ(油分・ゴミなど)をきっちりと前処理で落としきる事で、粉体塗装の完成度は格段に向上します。アリギスでは薬品処理を経て、ヨゴレを落としてから粉体塗装・焼き付けへと進み、焼き付け場をパーティションで区切る事で、ムラ無くゴミやほこりのつく心配の無い、高品質な塗装処理を実現しています。

出荷

塗装後に組付をしたらいよいよ出荷。製品にキズがつかないよう梱包し、細心の注意を払いお客様の元にお届けいたします。